チャリティニュース

  • 2017-08-08

    公益財団法人東京都農林水産振興財団

    元ラグビー日本代表の松田努さんがアンバサダーに就任!(公益財団法人東京都農林水産振興財団)

 

○ 東京マラソン2017チャリティに引き続き、松田努さんがアンバサダーに就任
東京都農林水産振興財団の東京マラソン2018チャリティ・アンバサダーとして、元ラグビー日本代表の松田努さんが就任されました。
松田さんは、東芝府中ラグビー部の現役時代に「企業の森・東芝府中(青梅)」の森づくりに参加し、現役引退後も「花粉の少ない森づくり」に関わられ、前回大会でも当財団のアンバサダーを務めていただきました。

松田さんは、東京マラソン2018チャリティにチャリティランナーとして出走することが決まっています。
そのほか、花粉の少ない森づくりのイベント等での活動も予定しています。松田さんの応援とともに、東京マラソン2018チャリティへのご協力をお願いします!

○ 松田努さんのプロフィール
草加高校、関東学院大学を経て、東芝府中ラグビー部(現東芝ブレイブルーパス)で活躍。
日本代表として、ラグビーW杯に4回選出。ジャパンラグビー・トップリーグの最年長トライ記録を保持。キャップ数43。2013年に現役を引退。