チャリティニュース

  • 2017-10-03

    一般財団法人東京マラソン財団スポーツレガシー事業

    「キッズアスレティックス×東京マラソンスタイル」が開催されました!

2017年9月16日(土)に、『キッズアスレティックス×東京マラソンスタイル』が夢の島競技場にて開催されました。(主催:一般社団法人キッズアスレティックス・ジャパン)
このイベントは、東京マラソン財団スポーツレガシー事業の寄付金が活用されており、2017年度実施プロジェクトの一つとして、子どもたちの「走る・跳ぶ・投げる」を中心としたスポーツ基礎力を高まるようサポートする”という意図で開催されています。

夢の島競技場のトラック外周に、キッズアスレティックス実施種目のラダースプリント、トリプルジャンピング、ターゲットスロー、シャトルハードル、クロスホッピングを設置。
IAAF国際陸上競技連盟認定コーチ資格を有するオリンピアンら、かつての日本を代表する元トップアスリートによる世界共通こども運動プログラムの指導が行われました。

受付後、プログラムスタート!

キッズアスレティックスコーチより種目ごとにプログラムの内容を説明、説明後は、各種目を体験。
子ども達の元気な声が競技場に広がりました。

プログラム終了後は、参加した子どもたちに参加証をプレゼント。

一緒に参加したお友達と記念撮影。
見学に来ていたご両親に「楽しかったー!」と体験したプログラム内容を一生懸命報告しているのが印象的でした。
なかには、キッズアスレティックスのコーチに「また遊びに来たい!次はどこでするの?いつ?」と質問している参加者もいました。

スポーツレガシー事業・アンバサダーのM高史さんも参加してくださいました。

当日、夢の島競技場全体で開催されたのが「キッズアスレティックスフェスティバル」。
この中で行われたランニングクリニックでは、スポーツレガシー事業のアンバサダー大島めぐみさんがコーチとして参加されました。参加者の中にはチャリティランナーの方もいらっしゃいました。

主催:一般社団法人キッズアスレティックス・ジャパン
(ホームページ:https://www.kidsathletics-japan.org/

 

▽スポーツレガシー事業のご支援は、こちら