チャリティニュース

  • 2017-11-29

    一般財団法人東京マラソン財団スポーツレガシー事業

    スポーツレガシー事業チャリティアンバサダー大島めぐみさんのランニングクリニック(第1回)を開催しました

11月18日(土)10時より《大島めぐみさんのランニングクリニック「東京マラソン2018チャリティ完走を目指して!」(全3回)》第1回目をジョグポート有明にて開催しました。

東京マラソン財団スポーツレガシー事業のチャリティアンバサダーでもあり、女子マラソン元日本代表の大島めぐみさんを講師に迎え、スポーツレガシー事業に寄付をいただいたランナー12名が参加されました。

クリニックのテーマは、「東京マラソン2018チャリティ完走を目指して!」
第1回目は、3か月前の準備として大事なことを中心に講習と実技の順で行う予定でしたが、当日は今にも雨が降りそうな空模様だった為、急遽予定を変更して実技を先に実施しました。

まずは基本的なストレッチ、そして走りに繋げるストレッチ。
 

ストレッチを十分に行い、東京臨海広域防災公園へ移動。
実技講習は、20分間走を2回行い、3ヵ月前の基礎となる持久系のトレーニングを中心に行いました。
大島さんの「頑張ろう!」の掛け声でスタート!
  

フォームのチェックなど、大島さんから一人ひとりへアドバイス。
  

実技トレーニングの後は、ジョグポート有明に戻り、座学での講習を行いました。

講習では、実技トレーニングの種類、トレーニングの選び方について大島さんより説明の後、大会3ヵ月前に行うトレーニング方法を参加者がそれぞれ自分で作りました。
週2回トレーニングできる方、週3回トレーニングできるがそのうち1回は時間が無いのでジムでトレーニングする方など、自分に合ったトレーニングを考え、それぞれ発表しました。
トレーニング内容や組み合わせ・順番によっても効果が違うので、身体の状態を把握する為にも記録・メモをしておくと良い、駅の階段を小走りに上がることや膝をグッと引き上げてのぼってみるのも良い、などトレーニングを効率よく行うコツを大島さんからアドバイスいただきました。
毎日走る人は、走らないで歩くなどの休養も大事です。

続いて、食トレーニング
ランナーに必要な栄養素、食事のタイミングを大島さんより教えて頂きました。
30キロ以降、食べるものによって走れる・走れないが変わってくるというご自身の経験から、走るトレーニングと一緒に、食のトレーニングも行ってください。と大島コーチよりアドバイスがありました。
食事のタイミングの重要性など、参加者の皆さんは熱心に大島コーチのお話を聞きながらメモをしていました。

質問コーナーでは、
参加者からの「ジムのトレッドミルで練習する時もあるのですが効果はありますか?」という問いに対し、大島コーチは、「トレッドミルで効果的に練習する場合はちょっと傾斜を作ると良いですよ。脚筋力が鍛えられます。」など、今まで行ってきたトレーニング方法の確認や、より効果的にトレーニングを行う方法など、質問が多くありました。

次回のクリニックは、大会2か月前のトレーニング方法を中心に実施します。
募集については、後日スポーツレガシー事業の団体ニュースにてご案内します。
2回目からの参加も可能です。
皆様のご応募をお待ちしております。

第2回 2017年12月17日(日)10:00 ~ 13:00
第3回 2018年1月20日(土) 10:00 ~ 13:00

  

スポーツレガシー事業のご支援は、こちら